ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン
アイス珈琲の季節がやってきました。
久々に「梅ちゃんの珈琲日記」です。
今年は早めに京都の壺中珈琲さんより、アイス珈琲用に豆を挽いたものを送っていただき冷凍で保存していました。豆を挽いたものはキャベツを千切りにした状態と同じようなものと聞いていたので鮮度を保つため、挽いたものは冷凍保存してます。ですが、涼しい日が続きアイスコーヒーの出番がなかなかでした。
d0214221_21532559.jpg
そして、今日は、先日注文したホット用の珈琲豆が届きましたので、挽いた冷凍保存の豆でアイス珈琲を入れ、届いた豆でホット珈琲も両方入れました。
d0214221_07003188.jpg
新しく届いたのは壺中珈琲店さんのおススメの「ルワンダ」の豆で「ハニー製法」の豆とのこと、初めて飲む珈琲に、どんな味だろうかと想像膨らませて豆を挽きました。
d0214221_22035561.jpg
いい香り。
ガリガリ・・・。ガリガリ・・・。
d0214221_07083935.jpg
どれどれ・・・。
またまたいい香り。ハニー製法とやらの今回送られたルワンダの豆はこの製法では日本では初入荷の豆のようです。「ハニー製法って何?」蜂蜜と何か関係があるのかなぁ?それとも甘みを感じるからかなぁ?」
d0214221_07105651.jpg
よくわからないけど、カップに注ぐ前に何も入れずに飲んでみました。いつもより少し後味に柔らかい酸味があるように思いました。甘みを感じるというより、口の中で柔らかく珈琲の美味しさが広がっていく感じでした。優しい感じの珈琲だなぁと思いました。
数日、日にちをおいてから淹れたら、味が、また落ち着ちつくのだろうか?
d0214221_11503682.jpg
今日は、今の時期には食べないであろうクリスマスに食べるチョコが練りこんである「ショコトーネ」を押入れから取り出し、切って軽く焼いて珈琲と一緒にいただきました。部屋中にいい香りがしました。
ブラジルではクリスマスにパネトーネというパンのようなケーキのようなパンを食べるそうですが、最近クリスマス前に日本でもパネトーネはお店で売っているのを見かけるようになりました。
なぜ?今それを食べているのかというと、昨年、クリスマス前に、壺中珈琲店さんからドライフルーツの入った「パネトーネ」を送っていただき、昨年末、半分食べて残りの半分を食べるのをすっかり忘れ、2月になって恐る恐る切って食べてみたら、カビも生えてないし、非常に美味しかったので、壺中さんに「パネトーネ、半分食べ忘れてしまったけど、大丈夫かなぁ?」と問い合わせたら「大丈夫よ!」「夏までおいてから食べる人もいるから」との返事がありました。そして、最近最後の貴重な1箱を送っていただきました。それがチョコ入りの「ショコトーネ」です。
d0214221_11543194.jpg
半年経ってもカビが生えないので腐らない不思議なパンですが、これは「パネトーネ」という酵母の働きだそうです。不思議ですね。カビが生えなんて。そのまま切って食べるのですが、私は、軽くトースターで焼いて食べるのがお好みです。
d0214221_05461902.jpg
アイスリームを添え、ハチミツかけてみたりしたけど、何も無い方がスッキリして美味しかったです。でもトースターで焼いて生クリームにバナナを添えたらどうだろう?美味しいかも。
あと2分の1あるなぁ。このパン。さて、どうするかなぁ?
以上!ハニー製法のルワンダの豆と魔法のようなパン、パネトーネの話でした。




# by ryudesign | 2018-06-22 21:41 | その他の日記
先日の日曜日、鞆の浦に落語を聴きにいきました。お客さんから落語のチケットを2枚いただいたのです。最近ダジャレのセンスを身につけたいと思っていたのでいい機会と思いました。
d0214221_20385013.jpg
福山駅から、バスで鞆の浦に。
鞆の浦に着いたら渡船の「いろは丸」に乗り、向こう岸の「仙酔島」に渡りました。坂本龍馬が乗って旅をしたのが「いろは丸」です。
d0214221_21081471.jpg
海水を覗き込むとクラゲが、ふわりふわり、あちこちに泳いでいました。
d0214221_20425445.jpg
島に着きました。ここは仙酔島。
のどかだなぁ。
d0214221_20443812.jpg
ホテルから砂浜が見えます。子どものころ、この海水浴で泳ぎました。
d0214221_20482130.jpg
人生感が変わる宿「ここから」
変わった名前のホテル名だな。
ホテルは今時珍しいレトロな感じ。それもまた新鮮。
d0214221_20541427.jpg
落語を披露して下さるのは露の團四郎(だんしろう)さん、桂 咲之輔さん、キタノ大地さん、林家染八さんの4名。生の落語は生まれて初めて。ひょっとして会場は座敷に座布団かな?
予想通り、大広間で座布団に座り、一番前に座ったのでした。
林家染八さんは、歯切れの良い語りで、初めから笑えました。
桂 咲之輔さんは、「咲ちゃんと呼んで下さい!!」と言い、話しながらの表情が実に面白かったです。
キタノ大地さんは、なんと!マジックでした。白い鳩が2羽出てきたりして本格的なマジックでした。最後になる落語家の方が出て来られる前に黒と鮮やかな黄色のスーツ姿の方が舞台に現れました。演歌歌手の方です。名前がこれまた情熱的な名前で「愛あきら」という方でした。歌の上手な方で、「倉敷哀愁」という歌を歌われました。最後に露の團四郎さん。一緒に観ていた友達は團四郎さんの落語を聴いて、話しに引き込まれたといってました。だれが一番よかった?團四郎さんが一番だったと。
d0214221_23563949.jpg
楽しかった落語が終わり、舞台の座布団の写真を記念に撮影しようとしたら、なんと團四郎さんが座敷に入ってこられ座布団の上に座って下さいました。「ありがとうございます!團四郎さん!」そして、島から渡船に乗り、向こう岸に渡ったのでした。
d0214221_00034325.jpg
渡船の中には、昔動いていたであろう機械も設置されていました。
d0214221_00072163.jpg
岸に着きました。向こうに見えるは「弁天島」お正月に流れる琴の名曲「春の海」は瀬戸内のこの辺りの穏やかな波を表現されたと言われてます。
d0214221_00080117.jpg
バス停でバスを待っていると、
猫ちゃんが・・・。
d0214221_00101742.jpg
いい感じ!この猫ちゃん。
d0214221_00113453.jpg
うにゃ!「もう帰るのかにゃ?」
d0214221_00121275.jpg
バスの中からの眺め。海の水がひいて、あさりが掘れそう。
そして福山駅へと向かいました。鞆の浦探訪、次回をお楽しみに?

# by ryudesign | 2018-06-19 20:37 | その他の日記
ムシムシしますね。今日は、地震がありました。朝、電車に乗っている最中、突然山陽本線が止まりました。大阪方面で震度6弱の地震があり、電車を止めて安全確認をされてました。「震度6弱は大きいなぁ。大阪や京都に知人がいるけど大丈夫かなぁ。被害が出ているそうで心配です。
さて、今日は、社長がラジオ出演の日です。岡山のRSKラジオ「あもーれマッタリーノ」のラジオの「あもーれdeリフォーム」で3時10分から始まりました。
「くらしすと」という住宅を作り出すプロフェッショナル集団に入っているので、時々ラジオでしゃべるのです。
今日のお題は!
「どうして和室が無いの?シリーズVol.3」というお題です。和室について話をしました。和室の手入れなど。
d0214221_16191030.jpg
一番右に社長、右から2番目に襖アートのKATSUMI(かつみ)さんとパーソナリティの女性2人の方と話はスタートしました。生放送です!今日も、仕事の合間に3時の休憩時間にアイスコーヒーを飲みながらラジオを聴きました。

先週金曜日にはFMくらしきでの生放送がありました。その日は倉敷の洋菓子店の店舗の撮影と玉島の歯科医院の建築の室内撮影でした。その間を挟み、社長のラジオ出演があったので、スタジオの見学をしました。
d0214221_17260953.jpg
ちょっと覗いてみましょう。
赤いシャツは畳屋さんですね。
その右横に当社の社長です。
d0214221_17271593.jpg
ラジオが始まりました〜。岡山と言えば、サッカーはファジアーノ!ポスターが貼ってあります。
d0214221_17300579.jpg
建築の工務店の社長さんにファイナンシャルプランナーの方の姿も。
綺麗な紫陽花が生けてありました。
d0214221_17324321.jpg
放送が終わりました。
d0214221_17340030.jpg
ちょっと座らせていただきました。
私がラジオで喋るなら「猫の話かな?」
なんてねぇ。
d0214221_17411066.jpg
ひょっとして「くらしすと」って猫の住みやすい家も提案できるのかにゃ?
にゃにゃ!トイレまわりや寝床なんかは重点ポイントだよ。

# by ryudesign | 2018-06-18 16:05 | ZOOMお知らせ

京都探訪_三十三間堂

今日のブログは前回の京都探訪の続きです。
d0214221_07484891.jpg
先週の土曜日、京都に入った翌日の日曜日。始めて国宝の三十三間堂に入りました。中央に巨象の観音様を中心に左右に各500体、計1001体の像が立ち並んでました?沢山の手が付いた観音様がズラリ祀ってあり、建物の中に入った瞬間、突然なんともいえぬ、荘厳な空気につつまれました。
一緒に仏像鑑賞をする友達が「うわぁ!」と言い、「ちょっと怖いけど眼鏡を・・・」と、眼鏡をかけ、恐る恐る観音様に目を向けました。一つひとつ、よく見ると少しずつ微妙に違う顔をしてます。1001体の観音様の手前には28体の仏像が並んでました。この28体のうち、両はしに風神・雷神像がありました。
d0214221_21022100.jpg
1001体と、プラス28体の仏像は、凄い世界でした。それらの像が祀られた建物は横に長かったです。
d0214221_07555397.jpg
冊子も買いました。詳しい説明があります。私たちが仏像の鑑賞をしていると、丁度、中国かなぁ?アジア系の僧侶が沢山来られて、更に荘厳な空気に包まれました。黄土色の僧侶の衣装を身につけて、お坊さまも、素晴らしい日本の仏像の美を堪能されたのでした。
d0214221_07565946.jpg
予定では東寺にも行く予定でしたが、仏像の凄さに、東寺はひとまず次回訪れた時にということで、京都駅のイノダ珈琲で一服しました。
d0214221_06281684.jpg
イノダ珈琲は初めてでしたが、ネルドリップで美味しい珈琲でした。歴史がある店のようですね。旅の途中の美味しいカフェ探しもまた発見の楽しみですね。
ということで、福山に無事に着いたのでした。

# by ryudesign | 2018-06-17 07:46 | その他の日記
先日の土・日曜日、京都に行ってきました。「ファッションカンタータ」というファッションショーに行きました。
ネットから応募したら、後日、招待ハガキが届いたのです。ビックリ!
1500組、ペア3000名の招待。後から調べると高い倍率だったようですね。ラッキーでした。
ファッションショーなので、ちょいとお洒落をして。
9日の土曜日の朝、 友達と2人で福山駅から京都まで新幹線で京都へと向かいました。
友達2人で制作している猫作品も旅のお供に3匹連れていきました。しかし、京都行きとなると、またまた出費が!
いや、これは感性を磨くための自分への出費としておこう。
d0214221_07553245.jpg
出ました!ひっぱりだこ作のモード系猫。尻尾は和紙の原料となる本物の楮(こうぞ)をさいて、植えつけてあります。新幹線の中でパチリ。
d0214221_07552767.jpg
京都に着きました。
まずは、京都駅で、腹ごしらえをし、友達が京都で自家焙煎珈琲をしている「壺中珈琲店」に向かい、そこで、アイスコーヒーをいただきました。社長から頼まれた壺中ブレンドを購入。丁度、このブログを見て下さっているというご近所のお客様が来られて、色々話ができました。時間が40分しか無くて、一方的に喋って去って行った私たち。坊ちゃんに一瞬会って、肝心の旦那様に挨拶出来なかったので、残念でした。また来るね!その時はゆっくりと。

さて、ファッションショーはゲストに黒木メイサさんや大黒摩季さんも登場されました。「LIMI feu」というブランドの山本里美さんというファッションデザイナーのショーを組み合わせてのステージでした。音楽に沖野修也さん、演出に石橋義正さんが参加されるという。興味深い構成。京都と言えば、着物ですが、着物という伝統と現代のファッション、そして、「ROCK」(ロック)をテーマに繰り広げられました。ショーは4ステージあり、私たちは3ステージのグループ。
d0214221_19190658.jpg
ショーまで時間があったので、伊勢丹のデパート内で、珈琲を飲んで待ちました。
d0214221_21293350.jpg
会場は京都駅内にある京都劇場、赤い絨毯が気持ちを盛り上げます。レッドカーペット?
d0214221_21501127.jpg
6月9日って「ロックの日」だったんですね。そして、10日は「時の記念日」
今回のファッションショーは、このロックの日に合わせ開催されたのでしょうか?
さて、ステージの始まりは、3名の迫力あるドラム演奏でスタート。よく見ると3人とも女性?凄い迫力。カッコいい。
ショーは素晴らしかったです。映像、音楽、ファッション。大黒摩季さんもワイルドな着物姿で一曲歌いました。テーマがロックですからね。
d0214221_22260248.jpg
ショーで発表された着物は駅にも飾られ近くで見ることができました。
d0214221_22153772.jpg
宿泊先のホテルに着いて、しばらく、パンフレットを眺めました。お洒落なデザイン。ひっぱりだこ作の3びきの猫とパチリ。ギターを弾く三角のヘラみたいなアレ。なんていう名前かなぁ?ピック?
キーホルダーになってプレゼントとして添えられてました。
d0214221_22175572.jpg
パンフレットのなかの着物デザインの作品の中に黒猫柄の帯を発見。
アメリカの国旗のような柄もあり、とにかく斬新でした。着物って自由で面白いんだだなぁと思いました。
d0214221_22290372.jpg
「LIMI feu」というブランドの山本里美さんの服は伊勢丹3階でも見ることができました。山本さんは世界的に有名なワイズのヨウジヤマモトさんの娘さんだったんですね。
d0214221_05474612.jpg
まずは1日目のショーのご紹介でした。
インスタで「#ファッションカンタータ」で検索すると、ショーの様子が見れます。私もアップしたら。ショーに出られたモデルさんが「いいね」してくれました!
d0214221_05532622.jpg
6月9日〜7月1日まで、JR京都駅の伊勢丹7階に隣接の美術館「えき」で「ROCK」をテーマにした展示が開催中とのことで、翌日の10日に行きました。「クリエイターたちが影響を受けてきたROCKの世界。ついに展覧会となって京都で開催!」とチラシに表示されてます。この企画、立川直樹さんという方がプロデュースされ、入館料690円。もしかして〜!値段もロック!
様々なジャンルで活躍する創造者たちの過去から現在に至るROCKとの関わりをレコードジャケットや書籍や自己の作品などで紹介されてました。展示は非常に刺激的な展示でした。布袋寅泰のライブ衣装やアーティストが愛用しているギターやアンプ、海外のロックを築いたアーティストのレコードジャケットがズラリと壁に展示され、面白い展示でした。
絵を描く方、音楽をされている方にも、ぜひ足を運んでいただきたい展示です。世のおじさまも、青春時代にロックと歩んでいらっしゃったことでしょうから、さぞかし懐かしく思われるのでは?
機会があれば、ぜひ京都の美術館「えき」に。
d0214221_21463016.jpg
京都探訪、続きはまた。
「京都三十三間堂」国宝 千手観音坐像について、これもまたビックリでした。



# by ryudesign | 2018-06-11 07:33 | その他の日記