ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

ズームコーポレーション〈撮影・HP制作・デザイン・猫のいる会社〉

ブログトップ | ログイン

京都探訪2019夏の旅

7月も20日を過ぎたというのにスッキリしないお天気です。
そんな中、先日の土日に京都に行ってきました。
d0214221_20012799.jpg
京都に着き、まず向かったは、自家焙煎珈琲の友だちのお店。
d0214221_20451643.jpg
その名は壺中珈琲店。女性の店主の旦那様である絵描きさんが作った看板が目印です。
「壺の中にある珈琲店?」
「まぁ、そんな感じもいたしますが・・・」
d0214221_20462725.jpg
さぁ、入ってみましょうか。
短編小説に出てきそうな、ちょっと変わったお店。いや、ちょっとどころか、かなり変わっている。
初めて入る人は勇気がいるだろうが、一度入れば、このゆるいまったり感が心地いい。ここの店主の奥さんと絵描きの旦那さんは、2人とも福山出身で、縁あって京都に住みだしたのです。
d0214221_21160994.jpg
今日は友達と作った蜂蜜梅シロップと、紫蘇ジュースのシロップと梅ジャムを手土産に持っていきました。
どれも体にいいジュースのシロップで
写真の梅シロップはインスタにアップしたら、昨年豪雨災害で被害にあわれた真備町の猫友つながりの人が見て、「飲んでみたい」とコメントがあったので、初めて会う人でしたが、仮説住宅の集会所まで持って行きました。この梅シロップは今は亡き友達のお爺さんが植えた梅で、収穫したての紅梅の梅を蜂蜜で漬けたシロップです。
名付けて「秀爺の蜂蜜梅シロップ」
キュッとした梅の酸味であるクエン酸という物質は体によく、抗ガン作用もあり、免疫力を高める働きがあるようです。
d0214221_21432447.jpg
早速、アイスコーヒーとシナモンドーナツをちゃぶ台でいただきました。
そう、お茶の間があって、ちゃぶ台なんです。小さなカウンターもあります。
店主の友達が、「よかったら、トートバックのワークショップに参加してみない?」と声かけてくれたので、翌日も壺中珈琲店に足を運ぶことになりました。
壺中珈琲のお楽しみは明日の続きとなり
ました。この後は、メインのイベント会場へ。
d0214221_22135286.jpg
さて!またまた崎谷健次郎さんの京都ライブに参上です。最近、報道関係で、ある話題で紹介されたので、初めて崎谷さんを知った方や昔の崎谷さんを思い出し、今回のライブに足を運ばれた方もいらっしゃったのでは?
報道の内容を見て、ファンの方の中には、ご飯が喉を通らないくらい心配していた人もいたようですが、今回のライブは、それを吹き飛ばすくらいの強さを感じました。
今日は、気のせいか、少し鼻にかかった声のような気がしましたが、風邪ぎみだったのでしょうか?でも、そこはプロ、最後まで歌いきり、私たちのアンコールに数回応じて下さいました。
崎谷さんは斉藤由貴さんや、高橋真梨子さんや柴崎コウさんなどに楽曲を提供されてきた方で、あげればキリがないのですが多くの作詞や作曲を手がけられています。
福山出身ということもあり、我が家では崎谷さんが大学生の頃に出したVISION(ビジョン)というバンドのLPレコードが自宅にあり、兄がよく自宅の1階にあるビクターのレコードプレーヤーで聴いてました。当時、兄が好きだったYMOと佐野元春とVISIONのLPのレコードが、いつも流れてたので、なぜかVISIONの曲は今でも口ずさめるのです。今では「幻の一枚」と言われ、レア物のアルバムとなっているそうです。しかしですが、そのレコードは、母が処分したみたいで、探しても見つからないのです。今回のライブは写真でも紹介してますがRealism(リアリズム)という復刻版の記念アルバムの京都でのライブでした。
このアルバムには、特別にVISIONの曲も入っているのです。  
ライブ後は、成り行きで集まったファンの方達で、女子会をしました。
d0214221_07522665.jpg
今日はイタリアン。まぁ、よく食べました!美味しかった!
日帰りで帰る人を見送り、残った宿泊組5人でプチ2次会。
d0214221_07521470.jpg
楽しい時間は過ぎるの早し。
d0214221_07582865.jpg
記念に京都タワーの前で記念撮影。
d0214221_07595025.jpg
こんなの撮れました。いかがでしょうか。ちょうど、京都は祇園祭りのシーズン。そこで一句、
「京祭り 崎谷ライブの 神輿かな」
続きはまた。

# by ryudesign | 2019-07-24 08:03 | その他の日記
昔、岡山市の駅前の、奉還町商店街の近くにアーティストを発掘するようなショップがありました。
「5inch」(ゴインチ)という、ちょっと変わった店名ですが、地元のアーティスト雑貨の商品が、沢山、展示販売されてました。
5inchのオーナーであるマサオカさんは、デニムのバックアーティストで、店の奥でミシンを「ダダダダー」と踏みながら、バック製造に励んでおられました。
アーティストを目指して頑張っている若者達に発表の場のスペース提供し、作品を管理しながら、セッセと、仕事をされていたのです。
弊社社長も昔、マサオカさんに「コンピュータバックが作れないか?」と無茶なお願いをしたことがありました。
そのバックはまだ健在です。
しばらく、押入れに眠っておりましたが、撮影機材の新型ストロボが入るバックを探していたら5inchさんのバックが出てきたのです。
d0214221_08053957.jpg
2001年頃の非常に懐かしい話ですが
「アーティストサロン」という、岡山から発信するアート情報サイトを、弊社の社長が作ってくれました。
5inchさんも同じ頃に、そのお店をスタートされたので、あの頃が懐かしいです。
d0214221_21223872.jpg
岡山では、このラベル、ご存知の方も多いのでは。
d0214221_21235473.jpg
バックの中をダンボール製の箱で補強。
d0214221_21261628.jpg
ポッケの裏地はしましまの布。
d0214221_21271164.jpg
丁度いい箱がありました。
d0214221_21302579.jpg
ショルダーのベルトの金具も、丈夫に作ってくださいました。今は別のバックのベルトを使用してるのかな?
d0214221_21314522.jpg
わが社の社長はデニム好き。
ジーンズ愛好家です。
5inchバック、あなたはご存知ですか?

# by ryudesign | 2019-07-11 21:48 | その他の日記
前回のブログの
紫陽花(あじさい)鑑賞のつづきです。
d0214221_22090419.jpg
これは紫陽花ではありません。猫の海くんです。一緒に行った友達は、海くんの大ファン。友達は海くんを3回も、抱っこできて、大変満足のようでした。
d0214221_22152054.jpg
6月16日は和菓子の日。
そして、父の日です。
全国のお父さんいつもお疲れ様です。
d0214221_22153708.jpg
手土産の和菓子をみんなでいただきました。上はビワの形した和菓子。
d0214221_22202197.jpg
ご主人の備前焼きのカップで、美味しい珈琲をいただきました。
電球の灯りがカップの中に。
d0214221_22212181.jpg
旬のさくらんぼ。
d0214221_22244839.jpg
そろそろ帰る時間になったので、お山を降りることになりました。駅まで車で 送って下さいました。
d0214221_22271304.jpg
森林浴をしながら坂を降りました。このあたりは鹿がでるそうです。
備前焼き作家のご主人様の毎日の散歩コースには最近、狐の親子が出てくるそうです。
さわやかな、穏やかな日曜日の午後の出来事でした。
お二人の活動はホームページで

エキサイトブログもされてます

# by ryudesign | 2019-06-17 22:07 | その他の日記

紫陽花の季節

昨日の日曜日に牛窓方面の備前焼きと日本画の作家の御夫婦宅に行ってきました。
日本画家の奥様が、1本の紫陽花の挿し木から始めた紫陽花のコレクションが沢山に増えて、見においでと言うことで、お山のてっぺんに行ってきました。
d0214221_21322774.jpg
紫色の紫陽花。
d0214221_21354579.jpg
白い紫陽花。
d0214221_21360040.jpg
可愛いですね。
d0214221_21381868.jpg
ちょっと変わった形。
d0214221_21391662.jpg
近づくと、なんてきれい。
d0214221_21400536.jpg
ピンクもいいね。
d0214221_21411824.jpg
鮮やかなピンク。
d0214221_21420050.jpg
紫色。
d0214221_21442456.jpg
こんなのもあるんだぁ。
d0214221_21455883.jpg
これは「隅田の花火」かな?
ひとまず、第一幕。


# by ryudesign | 2019-06-17 21:25 | その他の日記

京都探訪-その2

前回のブログ記事の続きです。

京都探訪中には友達の自家焙煎珈琲の「壺中珈琲店」にも行きました。

d0214221_07581498.jpg

そこのご夫婦は私達と同じ福山市の出身ですが、奥さんの珈琲が、これまた美味い!そして、旦那さんが仙人のような人で個性的な方です。

近いうち仙人さんが手がける本ができるそうです。お店に寄った日はアイスコーヒーを頂きました。

そして、京都探訪の2日間でのスウィーツやお土産に買った和菓子をちょこっと紹介。

d0214221_08003230.jpg

京都土産には亀屋清永の「清浄歓喜団」(せいじょうかんきだん)をゲット!以前に雑誌の「サライ」の表紙に印刷されていたことがあって、気になっていた和菓子で、今回は2回目の購入。千年前から変わらない巾着の形をしたお菓子。仏教と共に伝わった特別な和菓子のようです。昔は密教のお供えもので、一般の人は食べることができなかったそうです。食べるとお香の感じが口の中に広がります。

 初めて食べた人はお香のお味がして、ビックリされるかもしれません。

d0214221_08012759.jpg

もう一つの餃子のような平たいお菓子で、こちらも神社の祭礼で備えられるお菓子のようです。

d0214221_08035747.jpg
お菓子にふさわしい荘厳な感じのパッケージですね。

d0214221_08013247.jpg

そして、同じ亀屋清永の「京金つば」も買いました。白小豆に苺風味の和菓子。パッケージが素敵です。

d0214221_08022325.jpg

千年の歴史を伝える和菓子「清浄歓喜団と現代に挑戦する洒落た金つばの和菓子は今回のファッションカンタータのように古都と現代が同時に共演しているかのようです。

d0214221_08025167.jpg

 今日616日は「和菓子の日」です。そして、父の日ですよね。世の中のお父さん、いつもお疲れ様です。

今日も一日が始まりました。

今日は和菓子を手土産に、あるご夫婦のご自宅の紫陽花を拝見に行ってきます。晴れて良かった。


# by ryudesign | 2019-06-16 23:44 | その他の日記