ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ひっぱりだこ活動( 21 )

バード展に作品搬入

昨日の日曜日、春の陽気の中、倉敷のバード2006というカフェギャラリーにグループ展用の作品を搬入に行きました。
d0214221_07532595.jpg
一応、空飛ぶスーパーにゃん的な、飛んでいる格好の猫を展示します。尻尾は和紙である本物の楮(こうぞ)の木の皮を裂いたものをボリュームを出して植えつけてます。素材は紙でできてます。和紙を貼り付けて仕上げます。張り子ですか?とほぼ100パーセント割合で尋ねられます。
「う〜ん。そうですねぇ。中はシュレッダーにかけた紙なんです。」と応えると「えっ?」と、言われます。どうやって作るんですか?と 質問されます。
張り子でもなく、なんと説明したら良いのか?中はシュレッダーの紙で、和紙をちまちま貼ります。ちまちま貼るのを繰り返し、ボディまでを作るのが、友達の仕事。貼り込みを繰り返すと、だんだんとボディがカチカチになります。
私が色つけしますが、貼りが足りないと、きれいに絵の具がのらないので「まだ貼りが足りないなぁ」とつぶやくと「ええっ?かなり貼ったよ。」と納得がいかないような様子で、私の方をチラリと見ます。
d0214221_08011935.jpg
今回は鳥も作りました。この子達も、中身はシュレッダーの紙ゴミから作られてます。
今回は上から吊るして、真ん中に猫。両はしに鳥2羽を吊るして飛んだ感じにするのですが、展示するお店で設置してたらバランスよく、ぶら下がらないことが発覚。困ったなぁ。
d0214221_08055388.jpg
応急処置で、一緒に来ていた服飾デザイナーの早苗ちゃんにも手伝ってもらいましたが上手くいかず、鳥2羽だけ連れて帰ることにしました。お店にいた他の作家さんからは「ツチノコのような鳥だなぁ」と言われました。亀にも、水鳥にも見えます。用事が終わって、自宅に帰る前に、友達の家で修正して、なんとか完成できました。
「ヒモで吊ったら、ちゃんと綺麗に飛ぶぞ!これでバッチリ!」
いつものように忙しい1日がおわりました。


by ryudesign | 2018-03-04 07:48 | ひっぱりだこ活動

猫作品搬入しました

今日は倉敷のカフェギャラリーに春をテーマにした作品を搬入してきました。
d0214221_23585797.jpg
ダンボールに作品を詰め、風呂敷に包み、電車に乗って倉敷のカフェギャラリーに着きました。
さぁ、展示開始。いつもなら一緒に制作している二人で搬入ですが、相棒が体調不良のため、今回も一人で搬入です。
d0214221_00040137.jpg
作品は、もちろん猫です。
d0214221_00044227.jpg
幸せの青い鳥も一緒です。
「それじゃあ!行ってみようか!」って感じでしょうか。
d0214221_00062829.jpg
春がテーマなので、芝生に春らしく花をアレンジ。なんとか設置して、カフェのオーナー様に珈琲を入れていただき休憩。
d0214221_00090176.jpg
何だと思います?上の銀の玉。
福山駅前で、 面白いチョコレートを売っていたので買いました。
d0214221_00100594.jpg
チョコレートには見えないメタリック。
中にはマカダミアナッツ。
味はマーブルチョコレートの風味とマカダミアナッツの味がコラボした感じかな?
カフェのオーナーさんとお客さんと、お喋りしていたら既に6時を過ぎ窓の外は夜。さてと、帰るかな。
d0214221_00202822.jpg
帰りに倉敷駅の前にある天満屋のデパートでバレンタインのチョコレートの視察に寄りました。市場調査ってやつですね。
チョコレートのパンフレットなど仕事に参考になる資料集めです。
すごい数のチョコレート。高級チョコが沢山!
その中に私の目に飛び込んできたのは、たった一粒1200円のチョコレートの宝石箱のような箱。
どんな味なんだろう。
どこのチョコレートなのか、さっぱり分かりませんが買いました。
自宅に帰り、食後にお抹茶を点てていただきました。
d0214221_00302509.jpg
宝石箱のようです。しかも一粒しかないのです。
d0214221_00314882.jpg
金粉が高級感を演出。
d0214221_00331645.jpg
ズームアップ!
そして!更にズーム。
d0214221_00334671.jpg
どんな味だろう。
半分にしても600円です。4分の1で300円です。
後で調べたら、モンサンクレールの「シャンパーニュロワイヤル」という特別なチョコレートでした。
パティシェで有名な辻口博啓さんとこのチョコレートだったんですね。ビックリ。
お味は、上品に洋酒の風味がじわじわと、口の中に広がっていく感じです。
あっという間に日曜日が終わりました。
明日から仕事がんばります。

by ryudesign | 2018-02-04 23:56 | ひっぱりだこ活動

猫作品の初制作

今日4日は今年初の猫作品の制作日でした。アートユニット「ひっぱりだこ」の
制作が始まりました!
d0214221_23533089.jpg
1月10日からの倉敷での「おめでとう展」のグループ展用の作品を制作しました。
今回は三宝(鏡餅を入れる入れ物)を使用しての作品です。
d0214221_23585395.jpg
白い猫に尻尾をつかまれ、もがいているネズミ君。干支の由来の中で猫と鼠のいくつかの物語がありますが、私たちが作った作品は、その後の物語を自分たちで作ってみました。
白いねこを鏡餅に見立て、三宝の上で物語は始まります。
d0214221_00020929.jpg
三宝は金と赤に色つけしました。
年末、自家焙煎珈琲を取り寄せた際に包んでくれた赤と金のリバーシブルのシワ加工の味のある紙があったので、三宝の中に敷きました。
d0214221_00070689.jpg
頭にミカンをのせて。
d0214221_00082276.jpg
作品作りでは、いつもボディは友達が作り、私が色つけをするのですが、今日は友達が色つけにチャレンジ!初め、オレンジの色が強かったので、「猫とネズミが主役だから、ミカンが目立ちすぎてもダメ。もう少し、ミカンの色を抑えては」と提案したら、ちょうど良い色になりました。
d0214221_01211883.jpg
鈴も5つ付けました。
なんとか、作品が完成しました。
明日から、仕事初めです。
あっという間に休みが終わってしまったお正月。慌ただしくも終わってしまったお正月。
青春18切符が、あと3回使用できたから、高松市か丸亀市に行きたかったけど、多忙正月のため、使用せず残りは、友達に寄付しました。
今年のお正月は天気に恵まれて気持ちのいいお正月でした。
今年もブログがんばります。
7日8日は京都探訪の予定です。

by ryudesign | 2018-01-04 23:51 | ひっぱりだこ活動

クリスマス猫の制作風景

前回のブログで、クリスマスの猫作品を日曜日に倉敷のカフェギャラリーに搬入しましたが、制作の様子も紹介いたしますね。
プロ作家でないので、そこのところ、ご了承下さい。
d0214221_07413958.jpg
これは、屋根の上にいるサンタクロースの服の裁断したものを縫っているところです。手前の格子は、室内の暖炉です。二人で作業してます。
ユニット名は「ひっぱりだこ」
d0214221_07444504.jpg
制作仲間の相棒が、サンタ服の首回りや縁に付けるボアの様な素材がほしいと言い出したので、近くの100円ショップにいきました。マフラー用の毛糸もゲット!室内の壁紙も購入しました。 
d0214221_07505701.jpg
作品は!今日と明日で作らなければなりません。やるしかないです。
d0214221_07523668.jpg
買ってきた ボアの様な布は、感触のフワフワしたハンドタオルです。
襟元や赤いコートの縁など白のボアを縫いつけます。
d0214221_20461552.jpg
自己流で、洋服の型紙を作っていきます。ナンチャッテ、ファッションデザイナー!
d0214221_07551281.jpg
クリスマスソングで気分を盛り上げていきます。さぁ?誰のCDでしょう?
d0214221_07564724.jpg
室内の壁を貼り替えました。
次は、床の貼り替えです。
d0214221_07582725.jpg
貼り替え完了!
d0214221_07592217.jpg
外壁の片方はピンク。向こう側の壁は水色。
d0214221_08005683.jpg
机も貼り替えました。レザックという紙で。
d0214221_08013923.jpg
貼り替え完了!まわりの飾りは外観の飾り付けに使用します。
d0214221_08022479.jpg
相棒が子ども猫にマフラーを編んでやりました。100円なのにウール100%です。
制作中に食べた、晩御飯は肉団子の入り、具のタップリうどん入り鍋料理。美味しかったです。
d0214221_08042852.jpg
今晩は、制作仲間の家に泊まり込み、翌日までに仕上げて、夕方までに倉敷まで搬入しなければなりません。
せっせこ、作りました。
d0214221_08122195.jpg
出来上がりました!うひょ!
そして、風呂敷に包み、ダンボールに猫たちを壊れないように詰め込み、大門駅から倉敷駅まで山陽本線の電車で運びました。
クリスマスのグループ展になんとか間に合いました。


by ryudesign | 2017-12-13 00:47 | ひっぱりだこ活動

猫のクリスマス作品

クリスマスが近づいてきました。
街では街路樹にイルミネーションが輝いています。
そして、街にはクリスマスソングが流れています。
昨日、日曜日に倉敷のカフェギャラリーの展示の搬入日に行きました。
「ひっぱりだこ」のアートユニットの2人で何とか制作を終え、作品を風呂敷に包み、猫作品をダンボールに詰め搬入しました。
d0214221_08483440.jpg
サンタさんです。服は友達がつくりました。
d0214221_08490821.jpg
にぎやかな応接間。
室内の壁の貼り替えは私がしました。以前に作った部屋の箱があったので、その部屋のデザインを変えました。「リノベーション」っていうのかな?みんなサンタからのプレゼントを手にし、なんとも嬉しそう。
d0214221_08505795.jpg
左から、目線を低くしてみると水色の外の外観があり、右に部屋が見えてきます。
d0214221_08523010.jpg
窓が十字架になっており、
覗くと、ほら!楽しそうな様子。
d0214221_08545597.jpg
サンタさんは、建物の屋根の上から、この家にいる家族の様子を眺めています。
ひとまずここまで。
次のブログで、制作の様子をお知らせします。スマホで、動画も撮影したので、ブログにアップするかもしれません。



by ryudesign | 2017-12-10 19:24 | ひっぱりだこ活動

紙わざ大賞2017

掲載が遅くなりましたが、10月の終わり頃に東京で開催されていた「紙わざ大賞」という、紙で制作した作品の公募展の入賞、入選の展示に行ってきました。そして、建築家の安藤忠雄さんの企画展にも行ってきました。
安藤忠雄さんの展示は12月18日まで国立新美術館であるので。ぜひ足を運んで頂きたい大規模な企画展です。
d0214221_07465614.jpg
まず、「紙わざ大賞」ですが、実は友達2人で作品を制作して応募したのですが、入選できなくて、次回の「挑戦」を考え、入賞、入選作品を拝見しに行ったのでした。
d0214221_07520503.jpg
最近の展示は撮影OKでSNSの投稿歓迎ということで、私も「紙わざ大賞」を、ちょいと宣伝いたしますね。
主催は「特種東海製紙株式会社」という紙を製造されている会社で、協賛に王子エフテックス株式会社/新生紙パルプ商事株式会社/株式会社竹尾/平和紙業株式会社といった私たちのグラフィックデザインの業界では実は大変お世話になっている紙の製造会社様などが長年続けている公募展なのです。私も仕事以外では、紙で猫の作品を制作しているため、急に思いたちチャレンジしてみたのです。
d0214221_20212104.jpg
正に紙わざの作品です。繊細に細工された白い紙が、なんと!回転してました。
d0214221_20223060.jpg
紙を何枚も積み重ねてありますが、細工が素晴らしいです。
d0214221_20234270.jpg
いゃ〜あ。段ボールの断面が、こんなにも美しいアートになるとは!表面が美しいだけでなく、電気スタンドだったかなぁ?
d0214221_20254577.jpg
時計です。これも、正に紙わざ!リアル!
d0214221_20270174.jpg
装飾的な作品もあれば、
d0214221_20282213.jpg
可愛い作品もあり。羊ですね。
d0214221_20290970.jpg
おゃあ。にゃんとまぁ!猫がいる。
d0214221_20301365.jpg
可愛すぎるにゃ・・・。鼻の下の膨らみ、表情、お尻の穴まで・・・。
参りましたにゃあ。
私たちも「猫」を制作したのですが、これらの猫ちゃん達はリアルな可愛さがありました。
d0214221_20371046.jpg
蝶の標本。美しいです。
d0214221_07541790.jpg
これは相撲取りですね。数に圧倒されました。
d0214221_20382850.jpg
どこからともなく聞こえてくる音。
「何の音?」
「紙を破る音?」
これはかなり変わった紙わざ作品でした。紙ばかりの作品の中に、ひときわ目立つ、デジタル作品。サラリーマンらしき男性2人。
アンケートで、1番気になった作品に票を入れる時、私も展示を一緒に見にいった友達も、なぜか、このデジタル作品に1票を入れたのでした。
発想が面白かったです。
ひたすら2人のお兄さんが、紙を破るのですが、この単純な発想に、またまたやられたなぁ。と感心したのでした。
d0214221_20553836.jpg
紙を製造する会社の主催なので、入り口にTANTという紙が展示されてました。
d0214221_20575014.jpg
綺麗ですね。紙の表面は少し凹凸があり、優しい風合いがあります。
150色あり、これらはファンシーペーパーという種類として、出回っています。
d0214221_20583395.jpg
TANT(タント)は、当社のお客さんにも印刷物の紙に提案したこともある紙です。会社には色んな紙見本があるのですが、こうして色んな作家の紙の作品を拝見していると、より一層、紙の存在という物に興味が出てきたのであります。
考えてみれば、私たちの生活の中には、紙が溢れています。テッシュ、トイレットペーパー、ノート、チラシ、パンフレット、 パッケージ、請求書、領収書、 ポスター、 ハガキ、書籍・・・。
数えきれません。紙無くしての生活はありえないのです。
伝えるための紙、包むための紙、絵を描くための紙。
昔はラブレターは紙に書いてましたよね。契約書の紙、時代を刻む新聞紙。
でもどうして「紙」は糸偏なんでしょうかねぇ。
紙の歴史を調べると分かるかもしれません。
「紙わざ大賞」いかがでしたでしょうか?梅ちゃんのレポはひとまずこのあたりで。
次は安藤忠雄さんの企画展レポです。


by ryudesign | 2017-11-06 07:40 | ひっぱりだこ活動

鞆の浦に行きました

今日は、久しぶりに福山にある鞆の浦に行きました。アートイベントがあり、本当は3人で行く予定でしたが、1人は体調を崩し、2人で行くことになりました。
d0214221_20262406.jpg
せっかくだから、自分たちで制作している猫作品も連れて行きました。
d0214221_22110452.jpg
細い路地、古めかしい建物。鞆の浦は本当に古い建物が残っている町なのです。
d0214221_07552099.jpg
今日はハーレー軍団も多かった鞆の浦。
頭の先から、つま先まで、ハーレーのルックスでバッチリきめられてました。
バイクの止め方も、ほら、この通り!
d0214221_22121443.jpg
彫刻家の作品。古い建物の中や庭に作品があちこちに展示されていました。
d0214221_22130762.jpg
ピーヒョロ〜。と、鳥の鳴き声がするので、上を見上げると、トンビかな?屋根のてっぺんで鳴いてます。時代劇のオープニングの様な空気が流れてました。
d0214221_00030754.jpg
お寺の屋根。立派です。
d0214221_00140614.jpg
これは獅子かな?
太陽に照らされ勇ましく。
d0214221_00150298.jpg
尾道に似ている坂道。猫もでてきそうな感じですが。
d0214221_00170120.jpg
お気に入りの喫茶店「あずみ野」で休憩することにしました。奥に入って行き、2階に上がりました。
d0214221_00190038.jpg
今日は私たちアートユニット「ひっぱりだこ」2人が作った猫たちもいっしょ。左から2匹目が、第1号に作った猫です。
d0214221_00230602.jpg
抹茶アイスと餡子のモナカを頂きました。食べる前に「ぐっとモナカを押さえてから、お食べさください」とオーナーさん。
d0214221_08094933.jpg
記念にパチリ。「ひっぱりだこ」作のオヤジ猫。
d0214221_08121101.jpg
うにゃ!和紙を表面に貼り込んで、色つけします。1人がボディを作り、もう1人が絵付け担当。
d0214221_08150434.jpg
第1作目の猫、雪之丞。ガタガタの仕上げだけど、いい顔してるなぁ。
ひと休憩して、また鞆の浦散歩。
鞆の浦って面白い。現地の方は古いものに囲まれて生活されているんですね。
d0214221_08214893.jpg
これは・・・。昔の経理道具?ショーウィンドウに飾られてました。
最後に1ヶ所だけ作品見て帰ろうとしたとき、1人の背の高い男の方に声をかけられました。私たちが作った猫の作品を電車で会ったお婆ちゃんに見せていたところを偶然見かけたらしく、その方も鞆の浦を訪れていたのです。「実は最近猫が好きになりまして」と猫の写真を出されました。写真家の方だったのです。そして、私たちの作品を鞆の浦の海を背景に撮って下さいました。
d0214221_21425499.jpg
これは私がスマホで撮ったちょっと下手くそな画像、白い猫がイジメに遭っているようにも見えるのは気のせい?
その方の写真は、とても素敵な写真でした。著作権のこともあるので、このブログでは表示してないのですが。
機会があればまた・・・。

by ryudesign | 2017-10-08 20:24 | ひっぱりだこ活動

公募展にチャレンジ!

先日の23日に静岡の、ある公募展に作品を搬入してきました。
猫の立体作品を「ひっぱりだこ」という2人のユニットで制作してますが、この度、公募展にチャレンジしてみようということになりました。作品を箱に詰めて宅配便で送るつもりでしたが、どう考えても間に合いそうにないと判断した私達は、万が一のことを考え、23日宿泊のホテルと新幹線の予約を取り、作品の制作を続けました。
会社の昼間の仕事が多忙のため、会社帰りに友達宅に製作に寄りますが、くたびれた上に頑張ろうとするので、思うようにはかどりません。睡魔が襲ってきます。そして、締め切りの23日が近づいてきました。22日の晩、仕事帰りに最後の制作で、友達の家に泊まり込んで制作にのぞみました。
制作の様子ですが、一部紹介しますね。
d0214221_15033469.jpg
まず、友達が、6体のねこと1匹のネズミのボディを作ってくれました。
シュレッダーのゴミを使用します。
今回、初めてミキロン紙という和紙を薄くしたような化学繊維の紙も使いました。
楮が原料の和紙を、チマチマ貼り付けます。この和紙は書道家が使うような和紙を全紙で購入して、ちぎって使ってます。
この時点では、まだ猫の形になってません。和紙をちぎります。ひたすらちぎります。
d0214221_06364720.jpg
下の写真の左上にチビっとある猫が、普段私達が作っている猫作品です。
途中経過の写真です。この時点では、耳も付いてないのでお化けみたいですが。
これが6体あるのです。
ちまちま貼りこむので「貼り込み」とよんでます。刑事の「張り込み」とリンクさせ、部屋にこもって貼り込みます。
d0214221_15011327.jpg
ほぼ貼り込みを終えた友達の作業を確認し、私が更に仕上げの貼り込みをしてから色付けに入ります。
「貼り込みが、まだ足らんなぁ」と言って貼り込みを始めると友達が「かなり貼り込んだのに、まだ足りんのかなぁ?りえちゃんの小姑(こじゅうと)貼りがまた始まったなぁ。」とぶつぶつ。
「貼り込みが足りないと、絵の具ののりが悪いから」と私がぶつぶつ。
今回は、全て紙で作りましたが、和紙の原料である楮(こうぞ)も一部、尻尾にも使用しました。楮の皮の繊維です。知り合いに楮を育てている人がいるのです。分けていただきました。
これが手漉き和紙の原料になるのです。
d0214221_05544438.jpg
私は、色付け、仕上げ担当ですが、ボディを作る友達の下地作りは大変根気もいるので、仕上げ担当の私としては、なんとか、仕上げてあげなければ友達の努力も水の泡です。締め切りに間に合わせ、なんとかピンチを切り抜けたいところ、22日の翌日は搬出締め切り日の23日です。徹夜の覚悟で最後の仕上げをしました。
寝てしまったら、作品が完成できないことは100%承知してたので、一睡もせず、製作を続けました。
過ぎ去る時間は早いもの、朝がきてしまいました。
電車の時間です。まだ完成してません。「どうしょう・・・」
「とりあえず、荷物を運んで、移動しながら仕上げよう!」ということになりました。作品を2箱のダンボールに詰めて、パレット、 筆、アクリルガッシュ、ハサミ、カッター、のり、ボンド、紙なども紙袋に入れて・・・。
なんせ、切羽詰まった2人なので、お泊まりで静岡に行くというのに、お洒落する時間すらありません。徹夜の製作で、部屋に紙や道具が散乱したのを、そのままにして、飛び出すように出発したのであります。
d0214221_21520287.jpg

しかも、大きなダンボール下げて、出稼ぎのような荷物を下げた女性が2人。風呂敷下げての姿で・・・
d0214221_08023973.jpg
行きの新幹線の中です。3人がけの通路の側だったので、福山から名古屋までのぞみの中では制作は目立つので、やめときました。
名古屋から静岡に向かう新幹線の中では座席が窓際だったので、箱から猫を取り出し、パレットと筆、絵の具のアクリルガッシュを出して、色付けを始めました。そしてトラ模様の1匹の色付けができました!
作業に集中していても、寝てないので、気がつくと、まぶたがつむって「ハッ」とすることが何度となくありました。横向くと「りえちゃん。今、寝とったよ。大丈夫?」と、ジッと横で監視する製作仲間の相棒。
こだまに乗り換え、三島駅という駅で降りました。そして、腹ごしらえをして、近くの公園のベンチに作品と道具を並べて、また制作開始!
通常、この公園は有料ですが、今日は祝日とあり、特別に無料で入れる日だったのです。なんとラッキー!
公園内では、イベントである「コロッケフェスティバル」が開催されてました。
「コロッケフェスティバル?」「色んなコロッケを店頭販売するのかなぁ?」
いかんいかん、作品に集中しなければ。
d0214221_21542544.jpg

こんな猫が6体あるのです。それからねずみが1匹。
ここで、1時間30分ぐらいは、制作していたと思います。そして作品搬入30分前になってしまいました。
駅に戻りタクシーに乗りました。搬入会場に着いたのが15分前ぐらいでした。
担当の方が、丁寧に対応して下さり、無事作品を届けることができたのであります。
よく分からないまま、箱に猫を詰めて、最後の最後まで作りながら、目的地に着いた2人は、会場の担当の方に「宜しくお願い致します」とお辞儀をして、電話で呼んでいただいたタクシー乗り、駅に向かいました。ここは静岡県なので富士山が見えるはずと、タクシーの運転手さんに「富士山はどちらの方角に見えるのですか」と尋ねると「お客さん、運がいいなぁ、今きれいに見えとるよ!今日は雲に隠れとったけど、ほら!」「今は雪がないけど、雪が降れば富士山らしくなるよ!」 
「あれが富士山かぁ!」と、日本一の富士山を見ながら、2人の気持ちは、最後まで、投げ出さず、やり切ったという達成感でいっぱいでした。
d0214221_20191296.jpg
こだまに乗り、浜松駅に着いた2人は晩御飯を食べながら乾杯し、ホテルに辿り着いたのであります。
その晩は言うまでもなく、爆睡しました。
「人事を尽くして天命を待つ」
今回はその言葉をしみじみ感じました。
公募展の結果は10月4日にホームページ上に公開されるとのことです。
せめて入選に入っていればと思いますが・・・。どうでしょうか?

〈結果〉
残念ながら今回は入選できませんでしたが戦略立て直して、次回もチャレンジします。
公募展は「紙わざ大賞」です。

by ryudesign | 2017-09-28 21:18 | ひっぱりだこ活動

猫の新参者

7月1日になりました。
当社に新しい猫が仲間入りしました。
体操座りをしているせいか。少々頼りない感じ。でも。母性本能をくすぐる。
d0214221_21163811.jpg

帽子や洋服をデザイン、制作されている早苗ちゃんという方から頂きました。
キーボードの上に座らせると可愛い!
d0214221_21163894.jpg

おっと、金ちゃんに見つかってしまいました。挨拶のチューか?
d0214221_21163967.jpg

あっ。金ちゃん、それは食べれないよ!
d0214221_21163926.jpg

危なかったなぁ。でも、可愛いなぁ。
名前なんてつけようかなぁ。



by ryudesign | 2017-07-01 20:51 | ひっぱりだこ活動

猫作品が完成!

また新しい猫作品が完成しました!
仕事以外のプライベートの時間で、「ひっぱりだこ」という 2人組のアートユニット名で、猫の立体作品を制作してます。
今回は母親猫と赤ちゃん猫です。
d0214221_08242312.jpg

こちらはお母さん猫。
大きな青い瞳に鼻の下の「もこっ」とした膨らみがチャームポイントです。
胸元のハートは愛の象徴。平和のシンボルです。頭の上には幸せを呼ぶ青い鳥。
d0214221_08242378.jpg

赤ちゃん猫ですが、少し大きくなった赤ちゃん猫です。前かけを作ったのですが、胸元のハートを隠すのはもったいないということで肩にかけてバックにしてます。
体の形がハート型なんですよね。
鼻の下の膨らみや、くりっとした目は母譲り。私たちの作品にはいつも物語の文章も作ります。
この作品にも物語があります。
ブログでは初めてのお披露目ですが、ご紹介しますね。文章作りは、一緒に制作している友達に考えてもらってます。

「奇蹟の命」
今日は海にやって来ました。
この世に生を受けて一年。
あなたは初めての海に大はしゃぎです。
岩場には小さな蟹がたくさん遊んでいます。
あなたは夢中で追いかけて、とても楽しそうです。
私は今とても幸せです。
一年前あなたにとても逢いたくて待っていましたよ。
私のところへ来てくれてありがとう。
これは紛れもない奇蹟なのです。
元気でそして楽しく一緒に月日を重ねていきましょうね。
母より

上記作品は岡山県倉敷市のバード2006で6月11日まで展示してます。

今日は、京都の壺中珈琲店から、焙煎したての珈琲も届きました。友達が焙煎してます。
d0214221_21032069.jpg

若冲ワンダーブレンドとアイス用珈琲を送ってくれました。
絵描きの旦那様が描いたユニークなパッケージをデザインされてます。
珈琲の香ばしい香りになんとも癒されます。
毎回、お勧めの珈琲を送ってくれます。打ち合わせの時、若冲ワンダーブレンドを飲んだお客様が気に入られて、その珈琲をプレゼント用に追加で送ってもらったことがあります。
6月18日には京都の東急ハンズで、オリジナルブレンドを作るワークショップと、試飲会を予定されてるそうです。
壺中珈琲のホームページを見ると、旦那様の個性的な作品が見れます。

今週もあっと言う間の1日でした。


by ryudesign | 2017-06-03 08:02 | ひっぱりだこ活動