ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

2016年 03月 27日 ( 1 )

アヤナミブルー

今日は日曜日。会社はお休み。
多忙な1週間が済んだかと思えば、休みの今日は、作品展の搬入日です。数日前から制作していた、グループ展の作品を、友達とギリギリまで仕上げ、倉敷市のカフェギャラリーに搬入に行きました。
現地に着き、なんと作品の手直しが必要になり、商店街にある画材屋さんに紙とアクリルガッシュ、筆、絵の具を溶く皿など買いに走りました。
そのついでに前から気になっていた「アヤナミブルー」を探したら、ありました!
「アヤナミブルー」「何、それ?」
説明すると、ターナー製のアクリルガッシュという絵の具に登場したカラーの名前です。
d0214221_06462508.jpg

これがアヤナミブルーです。
d0214221_06462532.jpg

なんと、あのエヴァンゲリオンのマークが付いています。
d0214221_06462530.jpg

この女の子のシルエットは?
そうです。綾波レイです。
あるクリエーター系の雑誌の裏表紙の紙面いっぱいにこの1本だけが宣伝されていて、前から気になっていた絵の具です。
d0214221_06462554.jpg

色はこんな色。
アクリルガッシュは乾くと耐水性。
使用した後は直ぐに洗わないと落ちなくなります。
最近、立体作品の着色に使用していますが、和紙にも絵の具が馴染みいい感じです。
さて、作品の設置も無事完了!
現在ではパソコンでの制作が主流になったグラフィックデザインの現場ですが、昔は、ポスターカラーなどの絵の具を使用し、ロゴやシンボルマーク、デザインを筆でレタリングしたり、着彩したりしたので画材屋さんはグラフィックデザイナーにとって、欠かせない御用達の場所でした。黒の線を引くのにも定規の溝にガラス棒の丸い先っぽをのせ、息を止めてスーっと真っ直ぐな線をひいておられたことでしょう。今は絵の具を使うことが、少なくなりました。イラストレーターが描く絵もパソコンで描く時代ですから・・・昔はパレットに絵の具を出し、水を丁度良い量で含ませる。水分が多いいとムラになるので、よく気持ちを落ち着かせて絵の具を溶いたものでした。
d0214221_07545175.jpg

写真は以前に作った猫作品でアクリルガッシュで着彩してます。
d0214221_20393201.jpg

しかし、ターナーも粋な演出いたしますなぁ。アヤナミブルーとは・・・。
皆さんも使ってみませんか?アヤナミブルーを・・・。
by ryudesign | 2016-03-27 22:19 | ひっぱりだこ活動