ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

大雨による災害

7月5日より降り出した大雨。
各地で大きな傷跡が残ってしまいました。
d0214221_07055350.jpg
5日の夜、大雨が降り出し、倉敷駅から福山駅まで帰ろうとプラットホームで電車をいくら待ってもこないので、確認したら夜9時30分ぐらいに広島方面へは終日走らないとの説明があり、帰れなくなりました。仕方なく会社に戻り、テレビで大雨情報を確認しながら、会社のソファで猫の小梅ちゃんと休みました。翌日も朝から山陽本線の電車が走らなくなり、10日の今日、未だ一部再開できてません。昨日は福山駅から笠岡駅までバスで、笠岡駅から倉敷駅まで電車で、なんとか出勤しました。今日もまだ、在来線である山陽本線の一部は走っていません。
会社は倉敷にありますが、被害の大きかった倉敷市真備町からそんなに離れてない場所にあり、昨日も上空でヘリが度々飛んでいました。岡山県内の会社のお客様の建物も床上、床下浸水の被害も見受けられます。
会社のそばにある小さな川も溢れ、泥水が流れだし、側に家があった近所の方も大変だったようです。たまたま会社にいた社長がご近所の方と一緒になって泥水を処理したそうです。その程度で済みましたが、初めての出来事だったようです。会社の周りの田んぼも水に浸かり、湖のようになり、会社の入口まで水がきていたそうです。
総社に抜ける道も通行止めになっており、数カ所で土砂が崩れているそうです。
d0214221_08284171.jpg
上の写真は福山の私の自宅の裏です。
我が家は山の中腹で、斜面が緩やかですが、裏が崩れたら危ないので、台風、大雨の時は警戒態勢に入ります。
d0214221_08312542.jpg
私が中学生の頃だったかなぁ?裏が一度1mぐらい崩れ、土砂が壁に押し寄せたことがあり、その時に「土のう」でしょうか?土のうを積み上げ、U字溝のコンクリートの溝を付け工事していただきました。
山水がスムーズに流れるようになりました。裏が崩れたら、やはり泥水が流れてくるので、今回も避難を考えたり、山肌から離れた部屋で休むようにしました。大雨の前には必ず溝が埋まってないか確認するのが習慣です。
d0214221_08400354.jpg
裏の斜面から畑に流れる掘った溝があるのですが、畑の向こうに水が流れるようにいつも確認します。3箇所の溝がスムーズに流れていたらまず安全。でも裏が崩れたら逃げるしかないです。
自宅の坂の下の川を時々、見に行くと溢れそうでしたが何とか大丈夫でした。
普段、深さがだいぶあるのに。いっぱいでした。
d0214221_11583812.jpg
災害意識の少ない岡山。これからは安全対策に力を入れる意識を高めなければいけません。
今日は暑くなるそうです。体調管理にもお気を付け下さい。

by ryudesign | 2018-07-10 07:02 | その他の日記