ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

猫の点滴

最近、猫ブームと言われています。
我が社にも、猫が3匹います。
3匹のうち、1匹はアレルギー体質のため、薬が必要です。

猫も人間と同じで癌になる猫もいるし、アレルギーの猫もいれば腎不全になる猫もいます。
病気になれば世話も治療費もかかります。
私は、3日に1回の割合で、仕事帰りに友達の猫の点滴を手伝いに行っています。
今日もその日でした。
日曜日で仕事は休みの日でしたが、猫の点滴を手伝う日だったので、友達の家に向かいました。
d0214221_02304200.jpg

天井から下げたラクテックという液体を1回3分の1ぐらい、注入します。
人間も病院の点滴で使用するこの液体、見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。
d0214221_02304240.jpg

この点滴をすると腎不全の猫は食欲も増し、死ぬまでご飯を美味しく食べれるということですが、腎不全になってしまった猫はあまり長生きはできないと言われています。
私の役割は、暴れる猫を暴れないようにサポートすることです。
短い時間で点滴を済ませれる小道具に点滴の液体の袋に圧力を加えて注入時間を短縮するものを使用します。
もう1年ぐらい、この猫の点滴を続けてますが、点滴を成功できるようになるには、かなりの苦労を強いられました。
猫が暴れるので、洗濯ネットに入れて、動かないように押さえ、私の友達が、猫の首から背中にかけての脂肪をつまみ、針をブスッと刺し、注入しますが、猫が暴れて失敗ばかり。
友達の不安と疲労は増すばかり、毎回、病院に行って、獣医さんに点滴をしていたら、多額の治療費がかかります。
私たちは、失敗を繰り返しながら、ある道具を作り出しました。その道具を使い始めてからは、点滴は上手くできるようになりました。
道具は2つ使用します。
d0214221_07522742.jpg

えっ。何これ?板じゃない?
そうです。板です。
非公開のため、板の角しか紹介できませが。ちらりと。
世の中には、自分で、愛猫の点滴を余儀なくされているかたも、いらっしゃるかもしれません。私たちが作った、この2つの道具を使えば、暴れる猫の点滴を成功に導くことが可能かもしれないのです。
ネットでは、沢山の方が、自作の猫を入れる保定袋を作り、点滴を成功させています。しかし、更に暴れる猫もいれば手に負えません。私たちも自作の保定袋を作りましたが、それにもう1点の道具を作って使用して試したところ、上手くいきました。猫ちゃんの個体差もあるかと思いますが、まずは道具の改良に成功したわけです。
今日はこのあたりで。

by ryudesign | 2016-02-14 01:54 | 猫日記