ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

ズームコーポレーション〈撮影・HP制作・デザイン・猫のいる会社〉

ブログトップ | ログイン
前回のブログの
紫陽花(あじさい)鑑賞のつづきです。
d0214221_22090419.jpg
これは紫陽花ではありません。猫の海くんです。一緒に行った友達は、海くんの大ファン。友達は海くんを3回も、抱っこできて、大変満足のようでした。
d0214221_22152054.jpg
6月16日は和菓子の日。
そして、父の日です。
全国のお父さんいつもお疲れ様です。
d0214221_22153708.jpg
手土産の和菓子をみんなでいただきました。上はビワの形した和菓子。
d0214221_22202197.jpg
ご主人の備前焼きのカップで、美味しい珈琲をいただきました。
電球の灯りがカップの中に。
d0214221_22212181.jpg
旬のさくらんぼ。
d0214221_22244839.jpg
そろそろ帰る時間になったので、お山を降りることになりました。駅まで車で 送って下さいました。
d0214221_22271304.jpg
森林浴をしながら坂を降りました。このあたりは鹿がでるそうです。
備前焼き作家のご主人様の毎日の散歩コースには最近、狐の親子が出てくるそうです。
さわやかな、穏やかな日曜日の午後の出来事でした。
お二人の活動はホームページで

エキサイトブログもされてます

# by ryudesign | 2019-06-17 22:07 | その他の日記

紫陽花の季節

昨日の日曜日に牛窓方面の備前焼きと日本画の作家の御夫婦宅に行ってきました。
日本画家の奥様が、1本の紫陽花の挿し木から始めた紫陽花のコレクションが沢山に増えて、見においでと言うことで、お山のてっぺんに行ってきました。
d0214221_21322774.jpg
紫色の紫陽花。
d0214221_21354579.jpg
白い紫陽花。
d0214221_21360040.jpg
可愛いですね。
d0214221_21381868.jpg
ちょっと変わった形。
d0214221_21391662.jpg
近づくと、なんてきれい。
d0214221_21400536.jpg
ピンクもいいね。
d0214221_21411824.jpg
鮮やかなピンク。
d0214221_21420050.jpg
紫色。
d0214221_21442456.jpg
こんなのもあるんだぁ。
d0214221_21455883.jpg
これは「隅田の花火」かな?
ひとまず、第一幕。


# by ryudesign | 2019-06-17 21:25 | その他の日記

京都探訪-その2

前回のブログ記事の続きです。

京都探訪中には友達の自家焙煎珈琲の「壺中珈琲店」にも行きました。

d0214221_07581498.jpg

そこのご夫婦は私達と同じ福山市の出身ですが、奥さんの珈琲が、これまた美味い!そして、旦那さんが仙人のような人で個性的な方です。

近いうち仙人さんが手がける本ができるそうです。お店に寄った日はアイスコーヒーを頂きました。

そして、京都探訪の2日間でのスウィーツやお土産に買った和菓子をちょこっと紹介。

d0214221_08003230.jpg

京都土産には亀屋清永の「清浄歓喜団」(せいじょうかんきだん)をゲット!以前に雑誌の「サライ」の表紙に印刷されていたことがあって、気になっていた和菓子で、今回は2回目の購入。千年前から変わらない巾着の形をしたお菓子。仏教と共に伝わった特別な和菓子のようです。昔は密教のお供えもので、一般の人は食べることができなかったそうです。食べるとお香の感じが口の中に広がります。

 初めて食べた人はお香のお味がして、ビックリされるかもしれません。

d0214221_08012759.jpg

もう一つの餃子のような平たいお菓子で、こちらも神社の祭礼で備えられるお菓子のようです。

d0214221_08035747.jpg
お菓子にふさわしい荘厳な感じのパッケージですね。

d0214221_08013247.jpg

そして、同じ亀屋清永の「京金つば」も買いました。白小豆に苺風味の和菓子。パッケージが素敵です。

d0214221_08022325.jpg

千年の歴史を伝える和菓子「清浄歓喜団と現代に挑戦する洒落た金つばの和菓子は今回のファッションカンタータのように古都と現代が同時に共演しているかのようです。

d0214221_08025167.jpg

 今日616日は「和菓子の日」です。そして、父の日ですよね。世の中のお父さん、いつもお疲れ様です。

今日も一日が始まりました。

今日は和菓子を手土産に、あるご夫婦のご自宅の紫陽花を拝見に行ってきます。晴れて良かった。


# by ryudesign | 2019-06-16 23:44 | その他の日記

先日の土日に京都に行ってきました。京都でのファッションカンタータという着物のファッションショーに。

d0214221_07530453.jpg

招待状が当たったのです。

d0214221_07543440.jpg

68日に開催された今回のショーは昨年と違うテーマで、また一味違ったショーで、とても感動しました。「平安幻想」をテーマに開催され、古都、平安京の時代にさかのぼり、写真の力と言葉の力で演出され、映像と音楽も絶妙に組み合わされ、プロの世界に触れることができました。

和装の世界ではゲストに栗山千明さん、渡辺大さん、平原綾香さん。ショーの監修を担当されたのが女性の写真家の安珠さん、音楽のプロデュースに沖野修也さん、演出に石橋義正さん。洋装ではファッションデザイナーのマーク・ジェイコブス氏のショーも素敵でした。そして、ヘアメイクを資生堂の方達が担当されているのですが、沢山の方達の協力で、素晴らしいショーを堪能させていたたきました。

着物のファッションショーなので、着物をデザインする方達の個性や名前も紹介され、京都の着物業界の方達の作り出す伝統の美と技を知れたショーでした。このようなショーが京都で開催されていることは、とても意味のあることだと思います。

ショーの翌日は、宿泊したホテルの近くに「東寺」があるので記念に寄ってみました。

d0214221_07545878.jpg

五重の塔で、友達と制作した「阿弥陀如来の猫様」と記念撮影をしました。敷地内には池があり、蓮の葉の緑も美しく、サギや亀の姿も見られました。

d0214221_07555172.jpg

椅子に座ってソフトクリームを食べていると雀が足元に寄ってきたのにはビックリ!可愛かったです。

d0214221_07562010.jpg

もみじの緑の葉の下を通り抜け、お堂の中の仏像様も拝観させていただきました。

丁度、仏像様の数体は62日まで東京での博物館での大がかりな企画展に出張のため、不在でした。

d0214221_07563609.jpg

友達が「阿弥陀如来様も出張じゃなぁ」と福山弁で言いました。「そうじゃなぁ」と私。仏像様の移動も大変かと思いますが、まもなく、東寺のお堂に数体の仏像様が戻られるみたいです。もう、皆さんお堂に戻られたでしょか?

d0214221_07572085.jpg

その後、安珠さんの写真展に行きました。会場で流れる音楽は細野晴臣さんがてがけられています。

受付の方が「丁度、安珠さんのギャラリートークが始まったところですよ」と言われ、その時間に合わせて行った訳ではないのに、その時間にぴったり会場に着いたことがなんと言おうか・・・。そう・・・「スピリチュアル」

会場に着く前に、なぜか「あんじゅ」という店の前を通り過ぎたことも不思議な気がしました。

また、紙に興味があったので、安珠さんの写真展で、和紙が関係していることを会場で知り、より安珠さんの作品展には共感が倍増したのでした。

d0214221_07585149.jpg

東寺に行った後だったからなのか、自分が見た景色と安珠さんの写真が重なり合い、作品はより私の心には響きました。安珠さんのギャラリートークも聴けたし、作品も鑑賞できたし、なぜか、安珠さんと会場に来られた方達の記念撮影の中に入れて頂くこともでき、大変満足な私でした。

ひとまず、続きはまた。


# by ryudesign | 2019-06-13 07:51 | その他の日記

蜂蜜梅のシロップ

昨日、会社帰りに友達宅に寄り、梅を蜂蜜で漬けました。
d0214221_07544987.jpg
友達の亡きおじいさんが植えた紅梅の梅。一昨日、2.2kg収穫できました。
d0214221_07580265.jpg
備前方面に行った時に1.2kgの百花の蜂蜜を吉村養蜂場さんが瓶に詰めて下さった蜂蜜をつかいました。
d0214221_08012925.jpg
ネットで調べると凍らせるか、または、つまようじで刺し、梅に穴をあける方法がでており、つまようじで、数カ所に穴をあけ、瓶に梅を詰め、蜂蜜を流し込みました。
d0214221_08055169.jpg
国産の蜂蜜だけでは足りないので友達の家にある蜂蜜の瓶も1本使って小さめの瓶に6瓶できました。
美味しく漬かりますように!

# by ryudesign | 2019-06-04 07:53 | その他の日記