ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日は日曜日、ちょっと遠くまで足を運んで、友達と東京での備前焼きの展示に行ってきました。岡山の牛窓に在住の小川さんご夫妻の備前焼きの展示に・・・
d0214221_06455581.jpg

場所は新宿にある柿傳ギャラリー。
かきでんと読みます。
見上げれば斬新なデザインの外観。
d0214221_22361786.jpg

同じビルの中には茶事における懐石料理も味わうことのできる、言わば、茶の湯の文化を楽しみながら、味覚の芸術も堪能できるビルになっていました。お茶室もあり、着物を着られた方が出入りされてました。
この柿傳ギャラリーを設計され方が橋本夕紀夫さんという有名な商店建築のデザイナーですが、以前に福山で橋本夕紀夫さんのセミナーに参加したことがありました。橋本さんのできるだけすぐそばで話を聴こうとかなり前の席で、セミナーを受け、数々の設計事例の映像を拝見したのを思い出しました。ご本人がセミナーで照明を活かした設計が得意とおっしゃられていたので、このギャラリーでは、その空間を体感できるチャンスにもなりました
会場は、ビルの地下にありました。
d0214221_22361710.jpg

入口のポスターの写真は写真家の巨匠である土門拳さんのお弟子さんである方が撮影されています。
余談ですが、今、土門拳さんの岡山県の高梁市成羽美術館で、6月26日まで「古寺巡礼」の写真展が開催されています。
d0214221_22361733.jpg

小川さんが送って下さった案内状も素晴らしい写真でした。
やはり一流のギャラリーの案内状は作品画像とデザインが洗練されています。
さて、突然、私たちがはるばる福山から東京、新宿のギャラリーに訪れたので、小川さん夫婦はかなりびっくりされました。一緒にいた友達から言われたのですが、旦那様は驚きのあまり10秒ぐらい私を見る目が点になっていたそうです。
小川さんからは、作品に添えるプロフィールを表示した「しおり」の印刷物を制作させて頂いているのですが、自分が作業させて頂いている印刷物が、今回の展示にも使用されているので、なんだか照れくさくも嬉しくもありました。
しおりをお作りした初期の頃は、いつか小川さんが東京で展示ができるようになってもいいように微力ながらオシャレでシンプルなものをと思い制作させて頂いたことを思い出しました。たかがしおりですが、格式高いギャラリー会場で小川さんの作品のお側に添えていただいていることに、少々身が引き締まる思いでした。
d0214221_22361744.jpg

さて、作品ですが、見たことの無いような美しい色と表情、造形を奏でていました。会場は作品の美しさを最大限に発揮できる落ち着いたスペース。そして照明を活かした空間でした。
奥に奥にと空間があり、 照明の当て方も、なんと言いましょうか、空間に重厚感を感じました。ギャラリーといえば、白い箱の単調な空間ですが、流石、一流のギャラリー空間は違いました。
d0214221_22361787.jpg

小川さんの旦那様は仙人のような方で、小動物を可愛がり、ムカデや毛虫に対しても寛大です。通りすぎるのを待つのだそうです。奥様はチャキチャキの博多の女性でとても気さくな楽しい方です。そして、とてもユニークなご夫婦です。私は旦那様を牛窓の仙人と勝手に思っています。世界的に有名なワイズのヨウジヤマモトさんにも雰囲気が似ているような気がします。色々話しができ楽しい時間を過ごすことができました。
丁度、会場のテーブルの隣の席にいらした方とも情報交換できて、名刺交換させていただきました。
釧路の方で、東京には「世界茶会」という気軽にお茶の世界にふれることができるような活動をしているグループに入られていて、その用事で東京に来られていたそうでです。たまたま、このギャラリー会場に訪れて小川さんに出会ったそうです。
「世界茶会?」「なんじゃそれ?」ということになり、興味深々な会話となりました。
詳しくは「世界茶会」と検索してみてください。私は小さな壺と湯のみをゲット!
会場には約320万の値が付いた大作の壺が展示されていました。素晴らしい作品を鑑賞できて大満足で会場を出ました。地下から上がり、外にでて新宿の雑踏を見たとき、先ほどの静寂の中での作品との対話のひと時が、不思議な時間に思えました。
いいギャラリーでした。
その後は、椿屋珈琲店というところでアイスコーヒーとシフォンケーキのセットを頂きました。
d0214221_18285496.jpg

その後、宿泊作である品川のホテルに向かったのです。






by ryudesign | 2016-05-29 20:30 | その他の日記

広告Gメン

ある日の午後。何やら会話が聞こえてきました。のぞいてみましょう。
d0214221_20382342.jpg

おや?広告Gメンのメンバーの3匹が、お昼寝中です。
d0214221_20404688.jpg

一直線に並んだくつろぎスペース。
暖かくなったので冬用の猫用のベッド用クッションを全て洗って、夏用に変えましたが、夜になると3匹寒そうにしていたので、倉庫にしまう前に3枚だけ、猫たちの椅子にセットしてあげました。
でもまた急に暑くなり、今度こそはかたずけるチャンスです。
猫たちも暑いでしょう。
d0214221_20404666.jpg

一番右にいるのが小梅ちゃん。
d0214221_21110658.jpg

真ん中、金ちゃん。
d0214221_21110613.jpg

一番左にまるちゃん。
風がそよそよと吹いています。

猫たちの会話
〈小梅〉
今日、社長が打ち合わせの帰りに私たちの大好きな「猫草」の種を買いに行ってくれたんだけど、お店の若い男性に「猫草の種どこにありますか?」 と尋ねたら、
猫草ってどんなものですか?と分からなくて、猫草の場所に辿り着くまでに30分もかかったんだって!やっと商品が並ぶ場所に辿り着いたけど、種は売り切れ。それでも栽培するキットを買ってくれたみたいよ!
d0214221_08265222.jpg


〈まる〉
ところで、僕らの毎日のご飯やトイレの砂や医療費なんて、どうしてるんだろう?

〈きん〉
毎月の給料日の日に、みんなから2000円づつ集めて、スタッフの梅ちゃんが会計係で管理してるよ。

〈まる〉
僕は胃腸が弱いから、ドライフードを食べると吐いちゃうから、缶詰のペーストタイプじゃないとダメなんだ。僕専用だけど、食いしん坊の小梅ちゃんに食べられちゃうことも多いんだ。それから、アレルギーがあるので、お薬もご飯に入れて食べる日もあるよ。
缶詰はモンプチの4種類の味があるよ。
d0214221_11373499.jpg

僕専用だけどね。
キャットフードはメディフィスという商品だよ。いや、メディファスかな?少しお高い商品なんで、経理のみさちゃんが、安く購入できるとこで買ってきてくれてるよ。
d0214221_11373451.jpg


〈きん〉
あとは、爪磨きの道具や猫砂かな。
猫砂は、おからでできた砂を使用しているよ。よく固まるんだ!三原のやまみという豆腐メーカーでできたおからで作られているんだって。
d0214221_11373411.jpg


〈小梅〉
ところで、スタッフの梅ちゃん、倉敷のバード2006って言うカフェギャラリーの猫展に参加するって言ってたわよ!今週末までに仕上げなくちゃいけないんだって。
二人組のひっぱりだこっていうアートユニットなんだ。
大きな立体猫みたいよ。どんな猫なんだろう。




by ryudesign | 2016-05-24 20:33 | 猫日記

整理整頓!修業中!

今日は会社はお休み、ゆっくりしたいですが、自宅で大お掃除大会です。
今年こそは、整理整頓の達人になって、
仕事もスムーズに、情報にのみ込まれてパニックにならないようにと思います。
しかし、整理整頓、流行ってますなぁ。
d0214221_15593222.jpg

なぜか、溜まってきた、整理整頓の特集の雑誌。まだ一部の情報しか活用してないけど。
d0214221_15593215.jpg

整理整頓のアイテム。
シンプルな紙製品の資料たて。
しかもお手頃価格なのが嬉しい。
d0214221_15593220.jpg

くるりと向きを変えて。
色でまとめるとオシャレな感じ。
d0214221_15593229.jpg

内側に印刷されたこのシンボルマーク。
多分、全国のあちこちの文具売り場で見かけたことがあるかもしれません。
色で展開しているので、知っている方も多いのでは。
実はこのブランド、
エトランジェ・ディ・コスタリカは
福山に本社があり、福山にも直営のショップもあります。昔、封筒や便せんで色で展開されていて、シンプルだけどオシャレな感じを受けました。もちろん封筒やノートはよく使用しました。
エトランジェ・ディ・コスタリカというブランド名はイタリア語かな?
長いです。アルファベットの横文字で文具には印刷されています。
購入する際にこのブランド名を意識している人はどれくらいいるのでしょうか?
エトランジェ・ディ・コスタリカっていう、文具メーカー知っている?
色で、展開しているシンプルなステーショナリーは?と質問したら、
アレかなぁ?オレンジや黄緑、ピンク・・・封筒やペンケース、ノート、紙製の折りたたみ資料入れ、カレンダー・・・
俺、使っているよ!
私も・・・
そんなふしぎなアイテムです。
さぁ。片付けしなければ日が沈む。
急げ!

by ryudesign | 2016-05-21 15:02 | その他の日記

ハンバーグのBf109

気がつけば、会社の前の桃畑の実がゴルフボールぐらいの大きさになっています。昼間は暑いですが、夜は肌寒いですね。
d0214221_10494811.jpg

そして、ズームコーポレーションのスタッフに昼がきた!
今日のサラメシは〜。
今日は岡山オランダ通りのBf109のハンバーグを食べに行きました。私はロコモコを注文!社長はしゅうゆバター、ロコモコはジューシーなハンバーグの上に目玉焼きと、特製ソース。
肉汁がジュワーと。
d0214221_22342161.jpg

お店はレトロ感いっぱいのあじのある
空間。
d0214221_22342127.jpg

BGMは西条秀樹や山口百恵、桜田淳子、あべ静江、懐かしい曲がかかっています。
壁も、昔の藁の入った土壁、テーブルなどもオーナーさんの手作り。

今日は18日。勝手に社長と私で、8がつく日を勝手にハンバーグを食べる日に決めました。
末広がりの八、横にすれば無限大の8。
28日も8の付く日、また来れるといいなぁ。
日本ハンバーグ協会と言うところが、8月9日のハンバーグの日を作っているそうですが、月に3回、ハンバーグの日を作ってみました。


by ryudesign | 2016-05-18 19:06 | その他の日記
今日は日曜日、作曲家の崎谷健次郎先生のミュージックセミナーに参加しました。
昨日、土曜日は音楽アーティストとしてのライブをされましたので音楽アーティストとしての崎谷健次郎さんで、今日はセミナーをされたので私にとっては音楽家の先生かな?聴いている自分も学生になった気分を味わいながらのセミナーです。
d0214221_21580464.jpg

活動中に声が出なくなるトラブルに出会い、歌うこともできなくなり、作曲家としての道に大きな障害を背負った崎谷さんですが、活動に復帰するまでの間の体験をユーモアを交え、話されました。声が出るようになって歌えるようになったからこそ、このようなセミナーが開催できるのだと思いますが、歌えないことのショックは大きかったと思います。
私はそのような体験がないので、声が出なくなってしまった方の本当の気持ちは自分には分かりません。でも、崎谷さんの話を聴いて、普段、話したり、歌ったり出来ることが、実は大変有り難いことであると感じました。声が出なくなって、ファンクラブ、ライブ活動休止、ある病院の先生との出会い、その病院でのボイストレーニング。その中でいい声が出るコツを習得された崎谷さん。
色々勉強になりました。
私たちの日常、仕事、人とのコミュニケーションに欠かすことのできない声について、色々考えさせられました。

こうして、セミナーも、無事終了!
終わった後は、記念撮影やファンクラブの人と情報交換したりしました。横にいた名古屋の方からは、名古屋名物、梅花堂の「鬼まんじゅう」をいただきました。私も福山のマロンドールのばらの焼き菓子ヌーベルローゼをまわりの席の方に、1個ですが、差し上げました。
福山市では、昨日、今日とばら祭が開催されていることもあり、親善大使のように福山をPR!
セミナー会場を出て、席が隣だった名古屋の方と晩御飯を食べて、お互いの新幹線乗り場に向かいました。
長い2日でした。私にとっての大阪での音楽の合宿が終わりました。
d0214221_08072250.jpg

福山に着きました!
ばら祭は無事済んだのでしょうか?
d0214221_08072262.jpg

美術の世界で大きな業績を残した偉大な方
岡倉天心の像が出迎えてくれます。
釣竿を持ち、毎日釣りをしてます。
私の才能もいつか、この銅像に釣り上げていただけたらと思いますが、
「修業が足りん!」「出直してこい!」と怒鳴られそうです。
明日から仕事です。

帰宅して、名古屋の方から頂いた「鬼まんじゅう」を食べました。
d0214221_12090747.jpg

名古屋の名物だそうですが、生まれて初めて食べました。さつまいもの自然な甘みとモチっとした食感。レンジで熱々にしてたべました。素朴な優しい味でした。



by ryudesign | 2016-05-15 21:05 | その他の日記
今日は会社はお休み!
京都の仙人作家の住む友達のカフェに寄ってから、崎谷健次郎さんのライブ会場に向かいました。
丁度その頃、我が社の社長から福山の鞆の浦からメールが入ってきました。今年の倉敷での写真展用の撮影でバイクに乗って鞆の浦に入っている模様。
こちらは大阪、なんと私はライブを2ステージ楽しもうと予約していたのですが、1ステージ目は大遅刻をしてしまいました。会場スタッフの方が、タイミングよく、席に誘導して下さり、1ステージの途中から楽しむことができました。
d0214221_09155730.jpg

場所は大阪市北区曽根崎新地のホテルビスタプレミオ堂島のホテル施設の1階にある
ミスターケリーズというライブハウス。
あたり一面に梅田という文字があり、私の名前も「梅田」今晩は大阪の街に溶け込むとしましょう。
さて、会場ですが、そんなに広くなく、崎谷さんが間近に見れて、正にライブ感いっぱい!
崎谷さんのライブは、いつも女性のお客様が多いのですが、今日は男性のお客様も、結構いらっしゃいました。
あたりを見渡すと、以前に崎谷さんの音楽セミナーを受講されたファンの方もチラホラ。前の席には、私と同じ福山に実家があり岡山在住の女性の姿もありました。次のステージの間にファンの方たちと連絡先など交換して交流会!右隣にいた方は福岡からこられた方で、先ほどの岡山の方とはツィッターで知り合ったとのことで、フレンドリーな交流も、これまたファンクラブの醍醐味ですな!
d0214221_08131682.jpg

岡山のファンの方からは、岡山では有名な果実工房のコラーゲンゼリーを頂きました。何味か分かる用に岡山白桃、マスカット、ピオーネ&ベリーAとゼリーの味のシールを付けて下さってました。
ご存知でしたか?このゼリーは2015年の日本ギフト大賞で岡山県賞を受賞したスイーツです。岡山と言えばフルーツ王国として、有名です。地元農家の作ったフルーツがゼリーとになっています。冷凍すると、シャーベットにもなります。このゼリーのパッケージを手がけている制作会社の方が、今、売れていると言われてました。それから、もう一つ私のお気に入り!と言って頂いたのが岡山の和菓子屋の翁軒のお菓子。古風なパッケージを開くと、卵白を泡立てフワフワしたような生地のような、食感としてはマシュマロが更に柔らかく、口の中でとろけるような感触!茶色い固形はクルミかな?癖になりそうなお菓子でした。
横道に外れてしまいましたが、崎谷さんが、大のスイーツ好きでスイーツ男子、いやスイーツ王子だったかなぁ。どっちだったかな。ファンクラブの会員としてはお菓子の情報交換も重要なポイントですな。
d0214221_09155707.jpg

私も、福山のマロンドールのモンドセレクション受賞作品のヌーベルローゼを10個持ってきたのであります。アーモンド風味の生地の中にバラのコンフィチュール(ばらのジャム)をしのばせた、ばらの焼き菓子です。先日、店の奥様がハウステンボス用に800個焼いて発送して、また400個追加があったと言われていました。セミナーが終わって、一部の方にしか差し上げれないのですが、持ってきました!
福山では、100万本のばらのまちなので昨日、本日とばら祭が開催中です。
だめだなぁ・・・お菓子の話になってしまう。
d0214221_09155755.jpg

ライブ後のステージの写真です。
今日はピアノの上にシンセサイザーを設置して、DJ風のアレンジで、一味違うライブも楽しめました。
今日も、バイオリニストの須磨和声さんとの息もバッチリ、殆ど皆さん崎谷さんの方を見てますが、私は、須磨さんの音色や演奏する姿も結構鑑賞してます。私のスマホの中には須磨さんの蟻の世界を表現した曲が2曲入っています。
d0214221_09155746.jpg

ライブ終了後に崎谷健次郎さんの新作ファングッズのオリジナルハーブティーがありましたので、もちろんゲット!
d0214221_09155778.jpg

持ってないCDもあったので、これもゲット!
崎谷さんと握手して、ミニ話もできて、記念撮影して、無事終了です。
一部のファンの方と挨拶してから解散。明日のセミナーがあるし。まるで合宿みたいです!しかも全国の方と同じ共通点で繋がるとこが面白いです。
大阪駅から新大阪までは、福岡からこられた方と電車に乗り、それぞれの宿泊先に向かいました。

by ryudesign | 2016-05-14 23:59 | その他の日記
今日、京都の友達のカフェに寄りました。
そこには仙人が住んでいます。
お茶の葉仙人や、蓑虫仙人、笹の葉仙人など、様々な仙人がたたずんでいます。
壺の中には仙人の境地、理想郷があり、
作家である仙人が世界を語り始めると、ありふれた出来事全てが、素晴らしくも、楽しくも思えてくるのです。
15年たった今も仙人は健在でした。変わることなく・・・いつもの語り口調で・・・こじんまりした小さなカフェには、そんな仙人を見守る奥さんとジュニア仙人がすんでいます。
d0214221_03103685.jpg

ハンドメイドな外観や内装。
端から端まで手描きのポップなデザインが施されています。
隠れ家のような空間で自家焙煎のアイスコーヒーを飲みました。
飲みやすく程よい苦味で美味しかったです。
d0214221_03103618.jpg

自家焙煎のアイスコーヒー用の豆をまとめて会社用に土産に400g挽いてもらいました。休み明けの月曜から会社で飲みまっせ!!
パッケージもあじのあるデザイン。
d0214221_03103679.jpg

オリジナルのTシャツ。
宿泊先のホテルの照明の下で撮ったので、
色が黒っぽく出てますが、生地の色は渋いお茶の色です!渋い!
d0214221_03103780.jpg

襟元にタグが、手縫いで・・・
工房の名前は「ぽんが亭」
忘れかけた何かを感じさせる、心地よい響き。もっとこの場でくつろぎたかったが、先の用事があるため、壺中珈琲店を後にした。
奥さんは、私の中学時代からの友達で、広島県福山市の地でピアノの先生をしながら、ボーカルとピアノの二人組の音楽のライブ活動もしておりましたので、夫婦2人でアートと音楽のコラボでも何かできそうですが・・・仙人も福山の人です。今は京都の地で暮らしてます。
今日は、この後、大阪での作曲家の崎谷健次郎さんのライブに参加するため、ライブハウスの会場に向かいました。
仙人と話しこんでいたら、ライブの大遅刻をしてしまいました。
何という偶然でしょうか?崎谷さんも仙人と呼ばれています。
d0214221_03103760.jpg

翌日は新大阪のある会議室にてセミナーも開催されます。
超アーティステックな2日になりそうです。



by ryudesign | 2016-05-14 23:57 | その他の日記

福山ばら祭り2016

今年もやってきました。
福山市で開催される「ばら祭」が・・・。
今年は市制施行100周年として、いつもより、力のこもったイベントになることでしょう。
展示開催は5月14日・15日。
一週間前の今日、福山市花園町のばら公園にあるばらは咲き始めています。来週は満開になることでしょう。
d0214221_08014183.jpg

きれいなピンク。
d0214221_08014133.jpg

優しい色彩の黄色。
d0214221_08014283.jpg

ピンクに黄色が溶け込んだ美しい色彩。
d0214221_08014272.jpg

このピンクも華やかです。
d0214221_08065502.jpg

可憐な白いです。
d0214221_08014250.jpg

ばら公園だけでなく。福山駅にもばらが咲きはじめています。
私の住む地区にも、バラ園があり、ばら祭りの前に審査会が行われ、賞も与えられます。
ぜひ、福山のばら祭りにお越しください。


by ryudesign | 2016-05-08 20:30 | その他の日記
ゴールデンウィークに入りました。
5月1日の初日、備前焼作家と日本画作家のご夫婦の自宅ギャラリーに友達2人で行ってきました。
ご自宅がお山の上にあるので、仙人が住むような環境ですが、今日は天気も良く気持ちの良い日でした。
今日は、この自然の中でお抹茶を頂くことができました。
d0214221_08244555.jpg

表千家の方が来られて、本格的な御点前です。しかも、男の亭主さんです。今日は椅子式の立礼式(りゅうれいしき)でした。表千家の場合は、扇型の台を使用するそうです。
水差しもお抹茶茶碗も神戸さんの備前焼です。どこからかうぐいすが鳴いています。
背景の屏風は奥様の日本画でしょうか。
d0214221_08244598.jpg

お茶を点てて下さった亭主の色紙額も飾られています。
d0214221_08244530.jpg

大自然の中なので大きなアリがいました。
自然の中での野点はまた格別でした。
そばには、神戸さんの登窯が私たちの様子を見守っていました。
また、懐かしい作家ご夫妻ともバッタリ会いました。
連休初日の1日が終わりました。
by ryudesign | 2016-05-01 21:34 | その他の日記