ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

2018年 02月 11日 ( 1 )

先日、京都から珈琲が届きました。届いたその日の午後に、急な来客があり、早速、届いたばかりの珈琲を淹れることになりました。
d0214221_17325486.jpg
お客様には「若冲ワンダーブレンド」と「ケニア」から選んでいただき、豆から挽くケニアを淹れることになりました。「飲みやすい方がいい」という声があったので、豆を挽きながら、今日のお客様は「珈琲が少し苦手な方なのかなぁ」と少し不安でしたが、ガリガリと4人分を入れました。
d0214221_17335509.jpg
3人の打ち合わせ人数だったので3人分をカップにつぎ、運んで、部屋を出ました。
しばらくして。打ち合わせ室から何やら珈琲の話が聞こえてきて、「この珈琲は美味しい」という会話が聴こえてきました。何やら珈琲の話題になっているようです。
ケニアは珈琲豆を送ってくれた友達から、以前に冬向けでスッキリとした珈琲だと聞いたことがありました。今回は紅茶農園のタイタ農園の中でできた珈琲豆で珍しく、香り高く、味もしっかりし、コクがある美味しい豆だったとオーナーの一筆が添えてありました。
さらっと飲みやすい感じだったので他の珈琲に比べ、ちょっとライトな感じだったかなぁ?と思いましたが、今日のお客様には合っていたようです、今まで珈琲は飲みにくいものだと思われていたようで、壺中珈琲店のケニアを召し上がって「さらっとしてるのに美味しい」という感想でした。
社長からも「今日の珈琲は、また一段と美味しかった!」との感想でした。珈琲の苦手な方が砂糖もフレッシュも入れず、珈琲が美味しかったという言葉に、その日の会社帰りの帰宅中、なぜか頭の中が珈琲でいっぱいになりました。
珈琲は焙煎して3日以降ぐらいから落ち着いてくるとあったけど、壺中珈琲店のオーナーは「人によっては3週間たった方が美味しいという人もいるよ。」と教えてくれたことがあった。
と、いうことは、今日淹れたケニアは、1週間後、2週間後で、もっと美味しくなるということなのか??奥が深くて結論がだせないままの珈琲修行、本日の素人梅ちゃんの珈琲日記でした。
先日「手作りチョコレートキッド」とかやらを仕入れてきましたので作っております。まずカカオ豆の殻を40分かけてむきました。次はすりこぎで50分ぐらい挽いて粉にするとあったので、この連休中に完成させたいと思います。

by ryudesign | 2018-02-11 12:20 | その他の日記