ズームでバッチリ

bdcc.exblog.jp

広告Gメンのズーム

ブログトップ | ログイン

2016年 05月 14日 ( 2 )

今日は会社はお休み!
京都の仙人作家の住む友達のカフェに寄ってから、崎谷健次郎さんのライブ会場に向かいました。
丁度その頃、我が社の社長から福山の鞆の浦からメールが入ってきました。今年の倉敷での写真展用の撮影でバイクに乗って鞆の浦に入っている模様。
こちらは大阪、なんと私はライブを2ステージ楽しもうと予約していたのですが、1ステージ目は大遅刻をしてしまいました。会場スタッフの方が、タイミングよく、席に誘導して下さり、1ステージの途中から楽しむことができました。
d0214221_09155730.jpg

場所は大阪市北区曽根崎新地のホテルビスタプレミオ堂島のホテル施設の1階にある
ミスターケリーズというライブハウス。
あたり一面に梅田という文字があり、私の名前も「梅田」今晩は大阪の街に溶け込むとしましょう。
さて、会場ですが、そんなに広くなく、崎谷さんが間近に見れて、正にライブ感いっぱい!
崎谷さんのライブは、いつも女性のお客様が多いのですが、今日は男性のお客様も、結構いらっしゃいました。
あたりを見渡すと、以前に崎谷さんの音楽セミナーを受講されたファンの方もチラホラ。前の席には、私と同じ福山に実家があり岡山在住の女性の姿もありました。次のステージの間にファンの方たちと連絡先など交換して交流会!右隣にいた方は福岡からこられた方で、先ほどの岡山の方とはツィッターで知り合ったとのことで、フレンドリーな交流も、これまたファンクラブの醍醐味ですな!
d0214221_08131682.jpg

岡山のファンの方からは、岡山では有名な果実工房のコラーゲンゼリーを頂きました。何味か分かる用に岡山白桃、マスカット、ピオーネ&ベリーAとゼリーの味のシールを付けて下さってました。
ご存知でしたか?このゼリーは2015年の日本ギフト大賞で岡山県賞を受賞したスイーツです。岡山と言えばフルーツ王国として、有名です。地元農家の作ったフルーツがゼリーとになっています。冷凍すると、シャーベットにもなります。このゼリーのパッケージを手がけている制作会社の方が、今、売れていると言われてました。それから、もう一つ私のお気に入り!と言って頂いたのが岡山の和菓子屋の翁軒のお菓子。古風なパッケージを開くと、卵白を泡立てフワフワしたような生地のような、食感としてはマシュマロが更に柔らかく、口の中でとろけるような感触!茶色い固形はクルミかな?癖になりそうなお菓子でした。
横道に外れてしまいましたが、崎谷さんが、大のスイーツ好きでスイーツ男子、いやスイーツ王子だったかなぁ。どっちだったかな。ファンクラブの会員としてはお菓子の情報交換も重要なポイントですな。
d0214221_09155707.jpg

私も、福山のマロンドールのモンドセレクション受賞作品のヌーベルローゼを10個持ってきたのであります。アーモンド風味の生地の中にバラのコンフィチュール(ばらのジャム)をしのばせた、ばらの焼き菓子です。先日、店の奥様がハウステンボス用に800個焼いて発送して、また400個追加があったと言われていました。セミナーが終わって、一部の方にしか差し上げれないのですが、持ってきました!
福山では、100万本のばらのまちなので昨日、本日とばら祭が開催中です。
だめだなぁ・・・お菓子の話になってしまう。
d0214221_09155755.jpg

ライブ後のステージの写真です。
今日はピアノの上にシンセサイザーを設置して、DJ風のアレンジで、一味違うライブも楽しめました。
今日も、バイオリニストの須磨和声さんとの息もバッチリ、殆ど皆さん崎谷さんの方を見てますが、私は、須磨さんの音色や演奏する姿も結構鑑賞してます。私のスマホの中には須磨さんの蟻の世界を表現した曲が2曲入っています。
d0214221_09155746.jpg

ライブ終了後に崎谷健次郎さんの新作ファングッズのオリジナルハーブティーがありましたので、もちろんゲット!
d0214221_09155778.jpg

持ってないCDもあったので、これもゲット!
崎谷さんと握手して、ミニ話もできて、記念撮影して、無事終了です。
一部のファンの方と挨拶してから解散。明日のセミナーがあるし。まるで合宿みたいです!しかも全国の方と同じ共通点で繋がるとこが面白いです。
大阪駅から新大阪までは、福岡からこられた方と電車に乗り、それぞれの宿泊先に向かいました。

by ryudesign | 2016-05-14 23:59 | その他の日記
今日、京都の友達のカフェに寄りました。
そこには仙人が住んでいます。
お茶の葉仙人や、蓑虫仙人、笹の葉仙人など、様々な仙人がたたずんでいます。
壺の中には仙人の境地、理想郷があり、
作家である仙人が世界を語り始めると、ありふれた出来事全てが、素晴らしくも、楽しくも思えてくるのです。
15年たった今も仙人は健在でした。変わることなく・・・いつもの語り口調で・・・こじんまりした小さなカフェには、そんな仙人を見守る奥さんとジュニア仙人がすんでいます。
d0214221_03103685.jpg

ハンドメイドな外観や内装。
端から端まで手描きのポップなデザインが施されています。
隠れ家のような空間で自家焙煎のアイスコーヒーを飲みました。
飲みやすく程よい苦味で美味しかったです。
d0214221_03103618.jpg

自家焙煎のアイスコーヒー用の豆をまとめて会社用に土産に400g挽いてもらいました。休み明けの月曜から会社で飲みまっせ!!
パッケージもあじのあるデザイン。
d0214221_03103679.jpg

オリジナルのTシャツ。
宿泊先のホテルの照明の下で撮ったので、
色が黒っぽく出てますが、生地の色は渋いお茶の色です!渋い!
d0214221_03103780.jpg

襟元にタグが、手縫いで・・・
工房の名前は「ぽんが亭」
忘れかけた何かを感じさせる、心地よい響き。もっとこの場でくつろぎたかったが、先の用事があるため、壺中珈琲店を後にした。
奥さんは、私の中学時代からの友達で、広島県福山市の地でピアノの先生をしながら、ボーカルとピアノの二人組の音楽のライブ活動もしておりましたので、夫婦2人でアートと音楽のコラボでも何かできそうですが・・・仙人も福山の人です。今は京都の地で暮らしてます。
今日は、この後、大阪での作曲家の崎谷健次郎さんのライブに参加するため、ライブハウスの会場に向かいました。
仙人と話しこんでいたら、ライブの大遅刻をしてしまいました。
何という偶然でしょうか?崎谷さんも仙人と呼ばれています。
d0214221_03103760.jpg

翌日は新大阪のある会議室にてセミナーも開催されます。
超アーティステックな2日になりそうです。



by ryudesign | 2016-05-14 23:57 | その他の日記